シンクロニシティを起こすには!スピリチュアル

統合失調症と霊感は、意思の強さの違いも考えられる
「シンクロニシティ」を起こすには!「スピリチュアル」

「シンクロニシティ」を起こすには!「スピリチュアル」から見る話をさせていただきますが、絶対的な話では無い話として、「シンクロニシティ」を起こす方法について「スピリチュアル」から少し考えさせられる話があります。

まずは、「シンクロニシティ」を起こすには、常識的価値観について意識を捨て去る必要性があります。

なぜならば、「シンクロニシティ」は、日本語で言うと、「共時性」、もしくは「意味のある偶然の一致」と言われている話でもあり、ただの偶然について偶然だと切り捨てる人にとって意味のない出来事でもあるためです。

ただ、このページに訪れる人は、「スピリチュアル」や霊的な内容に寛容な人でもあり、興味がない人が、「シンクロニシティ」の言葉自体、ご存じではないことでもあるでしょう。

シンクロニシティ」の言葉は、深層心理学者の「ユング」が提言された言葉でありまして、また、「シンクロニシティ」と関係が深い「集合的無意識」について提言された人でもあります。

「ユング」の話になれば、人の意識の下には個人的な意識があり、更に人類が共通して持ち合わせている「集合的無意識」があると考えました。

また、私達の無意識は、あくまでも意識している意識に対しての無意識であり、全く活動していない無意識ではありません。

人の無意識同士は、意識的に交流をしている考え方がありまして、また、「集合的無意識」から意識に対してメッセージを送ることによって、意識に変化が現れる出来事を「個性化」と名づけました。

つまり、「シンクロニシティ」には、意識の変化が現れる、意味のある偶然の一致とは、意識の変化が現れる意味として現れやすくなるのです。

つまり、何かしらの疑問を持っていれば、その答えの「気づき」が「集合的無意識」の力によって引き起こされやすくなります。

では、「集合的無意識」とは、何を目的に「シンクロニシティ」のような現象を起こすのでしょうか。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、「ストレス」も現れやすく、「存在感」を求めるエネルギーが誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

つまり、「集合的無意識」は、私達の魂の成長を導く意識体であり、心の成長を導く力として働きやすくなります。

このような考え方もあるかもしれません。日本は、割と、知識の一つ一つの「気づき」のみの教育になりがちであり、心からの一つ一つの「気づき」に意識が弱く、「霊格が低い」人々も現れやすくなっています。

逆に言えば、まだ、気づいていない「気づき」もたくさんあり、「集合的無意識」の力によって「シンクロニシティ」が起こりやすくなる状態も現れやすくなってくるかもしれません。

スピリチュアル」 姉妹ブログ お勧め!記事

⇒ シンクロニシティ 意味 「シンクロニシティ 意味」 ・ガイアの法則 淡路島「ガイアの法則 淡路島」 ・スピリチュアル やばい「スピリチュアル やばい」 ・声が出ない スピリチュアル「声が出ない スピリチュアル」 ・よく道を聞かれる スピリチュアル「よく道を聞かれる スピリチュアル」 ・水子供養 スピリチュアル「水子供養 スピリチュアル」 ・左肩が痛い スピリチュアル「左肩が痛い スピリチュアル