霊視の疲れは、普通の仕事の疲れとの違い

1tukare

1 霊視の疲れは、普通の仕事の疲れとの違い

霊視の疲れは、一般の人が理解しにくい内容かもしれません。私自身も、霊視が出来るほどの力はありませんが、霊感占い師として相談に応じていた身でもあり、多少ながら、その疲れというのは共感的に理解できる話でもあります。

私自身過去に、肉体労働に近い仕事行っていた過去もあり、それとは全く違う疲れでもあるのです。精神的疲労という言葉がありますが、どちらかと言えば精神的疲労に近くありますが、これもまた、感覚としては違う疲れのようにも感じます。

全ての人が体感されたことがあるかどうかわかりませんが、幼児に近い年齢の頃、親に怒られ、ものすごく泣いてしまい、泣き疲れて、げっそりと、何も出来なくなった経験をされた人もいるでしょう。最も近い、霊視による疲れとは、それに近い様にも思います。

2naze

2 なぜ?霊視の疲れは、精神的疲労が高まりやすくなるのか

霊視の力とは、本人のみで力が顕在化してるわけではありません。また、霊視の多くは、見せられて内容を見ている場合がほとんどです。

そして、機械的に見てるのではなく、力のある霊の波動を受けながら見せられてる場合も多くあります。

この波動が、霊視の疲れとして、強く現れてしまうのです。

人間には、外部からの異物が入ってくると排除しようとする働きがあるでしょう。実は、人の精神も、良くも悪くも、霊に干渉を受けると、排除しようとする無意識の力が働きやすくなるのです。その負荷を抑えながら、霊視は、見ている形になります。

力のある霊は、高級霊と言われる場合もあり、高級霊は、目的が達成すれば直ぐに離れるとされています。ただし、相談の量や、相談の内容によっては、その時間帯が長くなってしまうでしょう。疲労感は、強く溜まりやすくなってしまうのです。

ただし、霊視の疲れは、回復も早まりやすい

3 ただし、霊視の疲れは、回復も早まりやすい

霊視を行う相談内容にもよりますが、実は、能力者は、一般の人に比べて、精神的な疲労の回復も早い傾向にあるのです。

霊視を行う相談内容にもよるとは、相談内容の中には、なかなか解決に至らなかったり、強い悪霊が背景に隠されていたりなど、の内容なども少なからずあるためです。インターネット上の話の中には、なかなか解決できない問題を抱え、精神がゲッソリし、2、3日寝込んでしまった話などもありました。

そもそも、霊視は、人の相談に応じるために与えられた能力であり、回復するスピードが遅ければ、相談に応じにくくなってしまうでしょう。

霊的な話の中には、人は睡眠の間、あの世のに戻り、精神を回復させてる話が存在します。能力を与えられた能力者は、特別に、回復を早めている可能性なども考えられるのではないでしょうか。

 

広告