霊視で見るオーラの色は、難しくない話し

1oranoiro

1 霊視で見るオーラの色は、難しくない話し

霊視で見るオーラの色は、オーラの色が見えない人が色の性質として、理解できない話ではありません。なぜならば、オーラの色は、人の精神を表しているものであり、現実的に存在する色と精神が反応する場合もあるためです。

霊視で見るオーラの色の性質を知るには、心理的に影響与える色彩の論理的な話と、ほぼ似たような内容である場合もあります。

色は、基本色と呼ばれる色が存在します。例えば、赤色、青色、黄色などの色です。無彩色と呼ばれる、白と黒が存在し、白と黒とが混ざった灰色も、無彩色と呼ばれています。

基本色と、無彩色が混ざった色が、オーラの色として現れる場合もあり、オーラの色は赤色だと言われても、その赤色にも様々な赤色が存在するのです。この話は、現実的な世界にも該当する話であり、理解できる話でもあるでしょう。

2sentai

2 子供のヒーロー戦隊には、霊視で見るオーラの色が理解しやすい

子供のヒーロー戦隊は、基本的に五人の色のついた戦隊が登場するでしょう。赤色は、情熱のある主人公。青色は、冷静に物事を考えるサブキャラクター。緑色は、優しさを持ち合わせている真面目なタイプ。黄色は、意外性を好む、お茶目なキャラクター、少し目立ちたがり屋の部分も見え隠れしてるかもしれません。ピンク色は、女性が演じる場合がほとんどであり、母性のある演出がよくされています。

霊視で見るオーラの色は、戦隊ものの服装を着ている様な姿なのかもしれません。

ただし、霊視で見るオーラの色は、一色とは限らず、虹の様に、様々な色が各々に見られる場合もあると言われています。

3irowokaeru

3 霊視で見るオーラの色は変えることができるのか

人の精神の中には、生まれ持ちながら基本的な精神と、環境によって変化する精神があります。

例えば、外向的な性格、内向的な性格は、子供時代からずっと同じの人もいるでしょう。環境によって変化する精神は、教育や、教える価値感なのによっても、環境によって変化する場合もあるはずです。

例えば、理系ばかりの勉強しか行わなければ、多くの人のオーラが、理系よりに現れやすい青色のオーラになりやすくなるかもしれません。

国民性としての特徴が、オーラに反映される場合もあるはずです。なぜなら、オーラは、人の精神を表している場合もあるり、国民性とは一種の精神性でもあるためです。

外の環境は精神に与える場合もあり、部屋の色を変えたり、カーテンの色を変えたり、普段着る服装の色を変えると、多少影響を与えられるかもしれません。

ただし、自分が落ち着く色が、本来の自分自身のオーラと言われる場合もあり、無理に帰ると負担からストレスが生じてしまう話も存在します。

そのため、徐々に変化させていく中で、もしかすれば、霊視で見るオーラの色を変えれる可能性も考えられるでしょう。

 

広告