霊感と統合失調症の違いは?この様な違いかも!

霊感と統合失調症の違いは?この様な違いかも!

1 霊感と統合失調症の違いは?この様な違いかも!

霊感と統合失調症は、よく一緒に話がされる場合もあります。統合失調症の内容は、確かな定義として曖昧でもありますが、人は普段、現実の世界に対応するために、無駄な記憶が意識に上がってこない様に、ネジの様な仕組みによって止められています。

統合失調症は、そのネジが緩み、記憶された意識に様々な情報が意識に上がって来るため、現実に対応できなくなり、統合失調症として、診断を受けてしまう場合もあります。

霊感で感じる中には、一般の人が認識している内容と、別の情報が頭に入ってくる場合もあり、その点で言えば、霊感と統合失調症は、因果関係があるのかもしれません。

 

2sekai_mitu

2 世界を三つで分ければ、霊感と統合失調症は、話が見えてきやすい

世界を三つで分ければ、霊感と統合失調症は、よりよく理解しやすくなるかもしれません。世界を三つと言いましたが、目の前を中心に、右側を現実の世界と、左側を霊的な世界にまっぷたつに分けたとしましょう。

それを双眼鏡で、右側に向ければ、現実の世界が見えるはずです。まっすぐ向ければ、霊的な世界と現実の世界が、半分ずつ動詞で見えるでしょう。

左側に向ければ、霊的な世界しか見れず、右側の現実世界について知れなくあるはずです。

まっすぐ向いている双眼鏡と、左側しか見れない双眼鏡、どちらも統合失調症と呼ばれる可能性がありますが、ただし、まっすぐ向いている双眼鏡は、現実の世界に対応できる力があるはずです。

そのため、霊感が高く、統合失調症多少患っていたとしても、病気とは一概に言い切れないでしょう。現実世界で対応できるかできないかも大切な考え方であり、偏見を生む話でもあるはずです。

3kamihiohe

3 霊感と、現実に対応できない統合失調症は、紙一重

文学者や画家の中には、双眼鏡で、まっすぐ見るタイプの、才能のある人もいます。ピカソも夏目漱石なども、統合失調症を患っていたとも言われているのです。

ただし、ついつい、左側に夢中になれば、双眼鏡が左に向き、現実には適応できない精神状態になってしまう可能性もあるはずです。

霊感を使っての相談されてる人は、右側の現実世界へ意識を向ける機会も多く、それほど心配する必要性はありませんが、修行に夢中になってる人や、芸術活動に夢中になっている人は、特に注意しなければならないのかもしれません。

完全に、右側の現実世界にいる人は、才能のある人の考えは付いていけない、独自の世界観があるため、距離を置こうとする場合もあるでしょう。

左側に向き過ぎない様に、しっかりと、手綱をに言っておくのも大切であり、紙一重だと言う認識を持つのも大切だと考えます。

広告