霊視相談と霊視占い、どちらがお勧め?!

霊視相談と霊視占い、どちらがお勧め?!

1 霊視相談と霊視占い、どちらがお勧め?!

霊視相談と霊視占いは、建前上、同じ力のある人が、好んで名前を名乗る場合もありまして、必ず、この内容が当てはまるとは言い切れませんが、傾向として、多少違いがあり、その点ついて紹介させていただきたいと思います。

名前から予想できるように、霊視相談のみの相談は、占いの道具を使いません。霊視占いは、タロットカードと併用して相談に応じている場合もあり、タロットカードを限定とは言い切れませんが、その多くはタロットカードと霊視を併用している場合がほとんどです。

2reishisoudan

2 霊視相談は、亡くなった人との会話、除霊や浄霊、カウンセリング的な傾向が強い

霊視相談は、未来についてアドバイスされる場合もありますが、どちらかと言えば、霊的な力を使っての、現状に対するアドバイスの傾向があります。

相談者によっては、未来について知りたい気持ちよりも、恋愛についての出会い、好きな人がどう思ってんのか、現状について方向性などに悩まれてる場合もあるでしょう。

霊視占いでも、その様な相談に応じてくれる場合もありますが、結果では無く、前向きになれる様なアドバイスなどにおいて、適応している相談スタイルです。

霊視占いは、未来に対するアドバイスが傾向として強い

3 霊視占いは、未来に対するアドバイスが傾向として強い

一般の人からすれば、霊視による力さえあれば、占いの道具など必要がないと思われてる人もいるかもしれません。

霊視は、未来に対する点の情報について、把握しやすくありますが、運気の流れを読み解くのに、博士にくい場合もあるのです。

霊視が出来る先生の中には、より具体的に、細かな情報を把握するために、占いの道具で確認したり、そこから波を読み取っこうとする場合もあるのです。

分かりやすい例えかどうかわかりませんが、例えば釣り竿で、遠くの方まで投げた場合、その地点の辺りは、把握しやすくても、そこまでの距離の内容が良く分からないのと同じイメージです。

4kangaekata

4 霊視相談と霊視占いは、先生方によっても考え方に違いがある

力があるとするならば、霊視相談であろうとも、霊視占いであろうとも、名乗りは、どちらでも好きなようになれるでしょう。

そもそも占いとは、必ず道具が必要であるとは限らず、占うとは予測するものであり、名前の名乗り方次第です。

先生によっては、力の無い人による、一般的な占いと同じ様に思われたくなく、占いではないことを示す為に、霊視相談といって、相談に応じられてる場合もあります。

辞書 霊視 占い

当たる 霊視 霊視相談からピックアップ記事1!!

当たる 霊感占い師

霊視 好きな人

東京 霊視

大阪 霊視

横浜 神奈川 霊視

名古屋 愛知県 霊視

福岡 霊視

広島 霊視

仙台 宮城 霊視

札幌 霊視

青森 霊視

秋田 霊視

山形 霊視

盛岡 岩手 霊視

福島 霊視

水戸 茨城 霊視

埼玉 霊視

千葉 霊視

前橋、高崎 群馬 霊視

宇都宮 栃木 霊視

新潟 霊視

甲府 山梨 霊視

富山 霊視

長野 霊視

金沢 石川 霊視

福井 霊視

岐阜 霊視

静岡 霊視

四日市、津 三重 霊視

大津 滋賀 霊視

京都 霊視

奈良 霊視

和歌山 霊視

神戸 兵庫 霊視

岡山 霊視

鳥取 霊視

島根 霊視

下関 山口 霊視

高松 香川 霊視

徳島 霊視

松山 愛媛 霊視

高知 霊視

佐賀 霊視

大分 霊視

長崎 霊視

熊本 霊視

宮崎 霊視

鹿児島 霊視

沖縄 霊視

 

 

広告