瞑想を行うと良い時間帯は?人それぞれかも!

瞑想を行うと良い時間帯は?人それぞれかも!

1 瞑想を行うと良い時間帯は?人それぞれかも!

瞑想を行う時間帯は、一般的に言われてるのが、夕方の、太陽が落ちる頃の時間帯です。神経が、休ままろうとする時間帯であり、心を落ち着かせ瞑想に入りやすくなるためです。

夕方になると、急に疲労感が高まる人も多いのではないでしょうか。それは、体を休めさせようとする神経の、副交感神経が活発化しやすくなり、疲労感は、副交感神経による、活動させる行動を止める命令や、活動するための交感神経の活動が、弱め初めてるために起きる内容だからでもあります。

2syurui

2 瞑想と言っても様々な瞑想があり、効果は時間帯によっても変わってくる

一般的な瞑想は、内面に意識を向ける瞑想が有名です。どの瞑想も、内面に意識を向ける点では共通していますが、意識の向け方は様々です。

何も考えない心を無にする瞑想もあれば、意識を一点に集める瞑想などもあるでしょう。瞑想の中には、周りの空気を感じ取り、周りと一体化になる心構えを持つ瞑想などもあるのです。

例えば、自然を感じる瞑想であれば、鳥のさえずりや、生活空間から出る音なども、日中に行う方が効果的であり、日頃の見えない視点に、気づきが現れやすくなるでしょう。

また、選択の悩みを抱え、何かしらの決断に悩まれてる場合は、日中の活動状態の時の方が、頭が冴えやすく、自分の中での考えがまとまりやすくもなるはずです。

3asa

3 直感や霊的な力を高める瞑想は、朝行うのもお勧め

霊感の高い人は、右脳の働きが高い話は有名です。あの世と右脳が繋がっていると考えられている場合もあり、霊的な力と密接が高いとされています。

実は、普通の人でも霊能力者と似た脳波の時間帯もあり、それが深夜の2時頃だとも言われているのです。

ただし深夜の瞑想は、睡眠を強く誘導する力も働きやすくなるため、直感力や霊的な力を高める場合は、太陽が昇る時間帯、朝の時間帯に行うのが良いとされています。

そもそも瞑想の効果は、日中に効果として求めているものであり、太陽が昇ってる頃に行うのが望ましい話でもあるでしょう。

ただし、夜の9時や10時頃に行う瞑想が、全く効果が無い話ではありません。副交感神経も働きやすくなっており、内面に意識を向ける事で、心の内面や潜在意識、あの世の世界とも繋がりやすくなるでしょう。

一日中瞑想ばかり行うのもよくありません。何事もバランスが大切でありまして、24時間中副交感神経が働きすぎると、活動意欲を失う可能性も高まり、瞑想の効果をマイナスとして働いてしまうかもしれないためです。

当たる 霊視/霊視相談からピックアップ記事!!

当たる 霊感占い師

霊視 好きな人の気持ち

霊視 妊娠

霊視 結婚相手

タロット占い 霊視

浮気 本能 男性 女性

沖縄 ユタ 会うには

広告