昔の人は、霊感が高かった!その理由について

1mukahsinohito

1昔の人は、心(霊感)を感じる機会が多かった

現在に比べると、昔の人の方が霊感は、高っかた可能性もあるでしょう。何よりも、現在は、宗教的な内容は迷信的だと考えている傾向もあり、見えない存在に対しての意識も弱くなっているはずです。

昔の日本人は、物に魂が宿る考え方を持ち合わせていました。刀に魂を込めるなどの言葉は、昔の日本人らしい言葉の一つでしょう。日本人は、物に魂が宿ると考えられていたため、日本の幽霊には、物に目がある幽霊なども割と多く存在します。

昔は、現在よりも命に対する保証は低く、命を守る意味でも、神経をより過敏に働かさなければならなかった場合もあったはずです。剣豪は、自らの霊的な力を高め、殺気を感じる力を高めていたとも言われています。

戦後の日本は、物が少なく、自ら創造力を高めなければならなかった時代もありました。戦後の人々ほど霊感は高く、スピリチュアルに対する意識も高っかたでしょう。

霊感とは、難しい様な言葉ですが、心を感じる力だと理解すれば、より分かりやすくなるのではないでしょうか。

物を生み出すためには、人に喜んでもらわなければなりません。他者の心に対する意識も高く、 心を感じる力も高っかたでしょう。

戦国時代においては、他者の心の動きをより感じ取り、自らの判断と決断を行う必要性もありました。 織田信長が本能寺の変で無くなった原因には、霊感を失ってしまったからかもしれません。実は、織田信長は、若い頃、民が困っていれば、反物などを分け与えていた話しもあるのです。

2kanshin.jpg

2関心がある人に、霊は集まりやすい!?

この様な考え方もあるかもしれません。霊にとっては、意識されないよりも意識される方に関心が高まるはずです。 昔の方が、良くも悪くも霊に対する意識も高く、霊が集まりやすい中で、霊感が高まりやすい環境などのあったでしょう。

では今後の未来は、どのような結末が待ち受けているのでしょうか。人は、心を持ち合わせている人であるため、心を求める生き物でもあるはずです。 LINEが流行っているのも、人の心を求めてでしょう。

心に対する価値が見直される可能性も高く、霊感は高まりやすくなる可能性もあるはずです。また科学的に、霊感に対する研究なども行われているため、信憑性がより高まれば、霊感を認める人も多く現れるでしょう。

私自身の考えとしては、霊感の高さは、景気の様に繰り返されると考えていまして、霊的な内容を認めていなかった過去と比べれば、現代は割と認めてる人も増えているのではないでしょうか。

当たる霊視とは?/霊視相談からピックアップ記事!!

霊視 体験談

霊視鑑定 関東 関西

東京 当たる 霊視

霊視相談、相談料 相場

霊感占い 当たる確率

生活保護 遊んでいる

子供がゲーム 夢中 勉強しない 勉強させる コツ

占い師になる 素質

霊感あるある

霊視 妊娠

霊視 見える範囲 分かる範囲

霊視 結婚相手

恋愛 怠慢期 心理 原因

沖縄 ユタ 本物

タロット占い 霊視 どちらが当たる

広告