瞑想で眠くなる場合は、お勧めの対応方法について

眠くなる

1初心者の瞑想は、眠たくなる可能性が高い

瞑想について、少しばかり勘違いしている人もいるかもしれません。瞑想には様々な内容があり、何も考えないのが良い内容とも言い切れません。

心で何も考えない無の瞑想は、上級者が行う内容であり、初心者がこの瞑想を行うと眠くなるのは当たり前の話でもあるのです。

そもそも、人が睡眠前は、できるだけ刺激を避け、何も考えない中で睡眠に入っていくのが一般的でしょう。そのため、体は同じ状況に近いと錯覚を起こし、眠くなる状況を作り出してしまいかねません。

お勧めの対応方法としては、心身に瞑想である認識を染み込ませることから始めるのが大切です。

段階

2瞑想は、段階を踏みながら徐々に高度な内容が望ましい

目をつぶり、一つのことに対して考える内容から始めてみるのも良いでしょう。瞑想すれば、集中状態にあると体が覚えていく中で、徐々に眠たくなる状況は減っていくはずです。

この瞑想を一週間ほど続ければ、次は、意識だけ背骨の場所や頭の中央の一点に意識する瞑想などのお勧めです。特に背骨は、体の情報を脳に送り届ける役割もあり、眠気で考えれば背骨の方が良いかもしれません。

この状態まで来れば、心を無にする瞑想を行なったとしても、眠くなる可能性は極端に減っているはずです。

瞑想で眠くなる理由は、 本来の瞑想の目的や効果について、いまいちよくわかっていない場合もあるかもしれません。目的が明確でないため、目的に対しての集中力が欠けてしまい、行う意味が見えてこない原因などもあるでしょう。

これは、例えば興味の無い話を聞く中で、眠たくなってくるのと同じであり、 自分にとって価値のない内容だと思ってしまう場合もあるのと同じです。

心を無にする瞑想

3心を無にする瞑想は、いくつかの目的がある

心を無にする瞑想は、いくつかの効果が期待できます。何も考えないのは、集中力を必要とするものであり、集中力を鍛えるきっかけにもなるでしょう。ただし、集中に対する意識は高めておかなければなりません。

人は普段の生活の中で、意識が無意識に対して蓋をしていると考えられています。心を無にする働きは、その蓋を取り除き、無意識からのメッセージを受け取りやすい状況にするとも考えられています。霊感を高める目的での瞑想は、 この働きによる目的があります。ただ心を無にするのでは無く、メッセージを受け取る気持ちに立っておいた方が良いかもしれません。

昔の剣豪は、心に無にして、無防備状態になる中で、より、神経を過敏に働かさせ、 人の殺気を感じれる様に腕を磨き上げていました。

この様に、瞑想で眠くなる場合は、目的意識を持つのが大切であり、ただ呆然と精神を高める目的では眠気が襲ってしまう可能性も高まるでしょう。

当たる霊視とは?/霊視相談からピックアップ記事!!

霊視 体験談

霊視鑑定 関東 関西

東京 当たる霊視 

霊視相談、相談料 相場

霊感占い 当たる確率

生活保護 遊んでいる

子供がゲーム 夢中 勉強しない 勉強させる コツ

占い師になる 素質

霊感あるある

経営とスピリチュアル

霊視 見える範囲 分かる範囲

霊視 結婚相手

恋愛 怠慢期 心理 原因

沖縄 ユタ 本物

霊感 高い人 特徴

会社経営 霊能力者 相談

霊感高い 彼女 彼氏

霊格 低い人

沖縄 ユタ 相談

霊視相談 体験談

沖縄 ユタ

広告