勘違い!霊視占いは、カウンセリングでは無い内容も

占いは白黒付ける傾向が高い

1

勘違い!霊視占いは、カウンセリングでは無い内容も 霊視を扱った相談内容は 、テレビでも放送されている場合もありまして、その多くは、人の心にポイントを置いたカウンセリングの様な内容です。

その様な番組を見ていると、霊視を扱う内容は、全て同じような内容だと思われてる人もいらっしゃるかもしれません。 相談に応じる先生にもよりますが、霊視占いの中には、 テレビで見る様な内容では無い場合もあるのです。

占いは、どちらかと言えば、良くも悪くも結果をありのまま伝える一面が強い傾向にあります。白黒をはっきりと伝える様な内容です。見える内容に対して、そのまま伝える内容とも言えるかもしれません。

本来の意味での、霊視占いは、 その内容がより鮮明に現れている内容とも呼べるのです。

相談者はカウンセリングを求めている

2

ただし、相談者の多くが、テレビの影響もありまして、カウンセリング的な内容を求められてるのも実にあります。

また、霊視だけでは把握できない内容なども、占いなどの道具によって補助的に扱われてる先生もいます。タロットカードなどは、絵柄などで内容把握できる場合もありまして、 より具体的に把握できる場合もあります。

相談者から見れば、霊視占いに対して、どのような傾向のある先生だか判断がつかない場合もあるかもしれません。未来に対して強く言葉を投げかけている場合は、白黒をはっきり伝える先生である可能性も高いでしょう。

守護霊からのメッセージや、先祖からのメッセージを強く訴えている先生は、江原啓之さんの様なタイプの先生である可能性も高くあります。

スピリチュアルカウンセラーという言葉がありますが、必ず江原啓之さんの様に霊視によって相談に応じる先生とも限りません。多少霊感が高く、心を感じることに長けている先生も、スピリチュアルという肩書きを扱い、スピリチュアルカウンセラーという名前で相談に応じられている場合もあります。

先生の中には、霊能力者と言われることに抵抗がある人もいまして、占いを勉強する中で、占い師として、霊視占いによって相談に応じられてる先生もいるのです。

社会一般的には、霊視よりも、占いの方に力が弱いイメージがあるのではないでしょうか。そのため相談料も、普通の占いよりは高い傾向にはありますが、霊視だけを扱った相談に比べれば安い料金で相談に応じられている場合もよくあります。

感情的な女性と理性的な男性

3

相談者の中でも、 精神的なアドバイスを求められているのでは無く、未来に対する結果だけを求められている人もいますよね。 一種のエンターテイメントの様な内容です。その様な人の場合は、白黒を伝えてくれる霊視占いなどもお勧めかもしれません。

あくまでも傾向ですが、女性は喜怒哀楽の感情が男性よりも強く、良い悪いなどを伝える傾向が高くあります。男性はどちらかといえば、理性的に物事を考えやすく、 論理的なアドバイスをされる傾向があります。

相談者は、霊視占いにも様々な内容があるということを知っていただく事と、相談内容にあった先生は選ぶのもポイントだと知っていただければ幸いです。

広告