霊視相談と霊視占いの違いについて

霊視相談と霊視占いの違い

霊視相談と霊視占いの違い

霊視相談と霊視占いの違い!相談するならどっち?このページに訪れる方はスピリチュアルに興味のある方だと思います。霊視には、道具は使わない霊視相談と道具を併用して相談に応じる霊視占いがあります。

あれっと思われる人もいるかもしれません。霊視ができるのであれば道具は必要ではないかという考え方です。中には、道具は使わないほうに力が無く、レベルが低い相談だと思われる人もいるでしょう。

一概には言い切れないことを説明させていただきます。

霊視とは、様々な種類がありまして、全てが同じような内容ではありません。ただし、共通する内容としては、未来を見通す力だと思われている場合もあるでしょう。

前世を見たり、守護霊とコミニケーションが図れる方や、中には人のオーラを見ることで病気にかかりやすい場所などを指摘してくれる人もいます。

必ず霊視ができるからと言いまして、必ず人のオーラを見ることができるとも限らないのです。テレビで活躍されていた、木村藤子さんは、自分自身で人のオーラを見ることができないとおっしゃっていました。

未来の見え方

未来は点の情報


未来における情報と言うのは、ある地点における点の情報です。霊視の様子とは、山から眺める様子によく似ています。大きな建物が立っていれば、どのような建物が立っているか分かる場合もありますよね。

ただし、その建物が、どれぐらいの距離にあるのか具体的に分からない場合もあるでしょう。霊視の出来る先生の言葉の多くは、大体来年の秋頃や、3年後など抽象的な答えを述べる場合もよくあります。

抽象的な言葉になってしまう場合もあるのです。具体的な時期を調べるために、使用する占いの道具です。

具体性は弱まってしまいますが、そこまでの距離に起きる運気を、霊視に比べれば具体化することができます。

占いの道具

占いの道具は具体的に


例えば、喜んでいる映像が見えた場合、占いの道具によって運気が分かった場合、中にはタロットカードの絵柄から、その内容をより具体的に知れる場合もあるでしょう。相談者によりよく伝えるために、霊視と占いの道具を併用して、霊視占いと呼び名を使って相談に応じられている場合もあるのです。

相談者は、専門家ではないため、スピリチュアルに関する知識があまり多くない場合もありますよね。このことについて理解していない人は、どうしても占いと言う言葉には、だれでもを名乗ることができるため、力の無い人もいると思ってしまいます。確かに力のない人が、占い師として相相談に応じられている場合もあります。

霊視ができる先生の中には、自分の力に信頼を置いているため、プライドがある中で、占いの道具を使わずに、直接相談に応じられている場合もあります。

分りやすく言えば、そこらの占い師とは違うというようなプライドです。

これもまたただし、そう思われてしまうのを覚悟で、より具体的に伝えたい思いから、しっかりとらないの勉強こない、霊視占いとして相談に応じられている場合もあります。


このような状況をより理解している先生は、運気を知りたい場合だけ占いの道具を使うことを予め、プロフィールなので紹介している場合もあり、東洋占いでは、生年月日を必要とするため、生年月日は必要がないということをあらかじめ伝えて中で、運気を知りたい人だけに尋ねる相談方法を行ってる人もいます。

これもまたただしになりますが、一般の人よりも多少霊感が高く、霊視ができる力ほどでもなく、道具を扱えばなんとなく、未来を感じれる人でも、霊視を使って言葉を扱っている場合もあり、霊視が出来ないにも関わらず、霊視占いと名乗っている場合もあります。

一般的に占いの道具を利用しない霊視相談は、守護霊対話能力や前世を見たり、付加価値として特別な能力を持ち合わせている場合があります。

初めて相談を受ける場合は、付加価値に目を通して、力の有無について判断してみるのもお勧めです。

私個人としては、始めに道具を利用しない霊視相談を受けられまして、その次に霊視占いの相談を受けてみるのもお勧めだとも思います。

このページにおきましては、霊視占いは、一般的な霊視相談よりも、線の情報として、付加価値のある情報を引き出せる場合もあり、その内容について知っていただければと思います。

実際に両方体験しまして、体を通して自分自身で知ってもらうのもお勧めです。

広告